17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

“Netflixのアニメはつまらない ”という感想がなぜ生まれるか

Ads

異種族レビュアーズ 視聴15分
Netflixオリジナルが話題になって2年。漏れ聞くのは、当初の黒船や救世主みたいな期待ではなく、シンプルに “Netflixのアニメはつまらない”という感想です。

これはもちろん日本のオリジナルアニメに対してのものがほとんどだと思いますし、わからなくもありません。しかしそれ以上に、日本のUHFアニメを観る慣習と深い溝を感じさせもするんですね。

それがなんなのかを、UHFアニメですごいテーマを扱う『異種族レビュアーズ』を絡めた書き散らしです。

①そもそもの日本アニメ界を救うみたいな期待が大きいから

Netflixによる日本アニメ全体を救う、構造を変えるみたいな言説は、ここ数年何度も出ていますよね。みんなアニメが好きなので、制作会社にお金が入らなかったり、アニメーターがひどい待遇であることを危惧しています。

Netflixに注目が当たったのは、特に現場の問題が解消されるのではないか?という期待からでしたよね。作品ありき、と言いたいところなのですが、『Devilman Crybaby』から数々のオリジナルタイトルを見る慣習やルールみたいなものが、UHFアニメと違ってますからね。 

 前に書いたように初期のOVAに似ているという評価で、エロや暴力を取り扱っていてもUHFアニメがやっているそれと文脈が違うんです。その精神は大昔のB級なんですよ。

またNetflixには作品主義みたいなイメージ強いですよね。UHFならワンシーズンに4,5本も見れるアニメが出れば御の字なんですけど、これだけ注目されてるしオリジナルアニメが全部『まどマギ』クラスくらいの期待はあったのではないでしょうか。

②文脈がUHFアニメともましてや劇場版とも違うから

でもNetflixの現実はB級で、かなり価値観が違います。萌え要素とかバイオレンス要素とかわかりやすいフックはありますけど、その奥にある価値が違いますよね。

ぼくのいうNetflixオリジナルアニメOVA説って、早い段階で英語圏に受けたアニメが日本のUHFアニメ文脈というよりも、OVAによるB級さがベースにあると思うわけです。(前に仕事がらみで関係者にNetflixのオリジナルアニメの方向性はどう?とうかがったところ、あれはOVAでは、とほとんど同じ回答をいただきました)

 

 かくして『バキ』、『ケンガンアシュラ』とか過剰なバイオレンスあたりを売りにすることも少なくないし、往年のB級OVAみたいな価値とすると妙なフックで、しかも完成度やコンセプトに何ありな日本側のオリジナルアニメが生産される、みたいな気がします。 

Netflixにありがちな露悪的で反社会的なアニメも普通に放映しているしそっちのほうが馴染みがあって面白いから

Netflixも露悪、反社会的なテーマを英語圏も含めたオリジナルアニメでしばしば取り扱うし、売りにしますけれど、通常のUHFアニメオーディエンスが望むものとはかけ離れているのもわかるんですよ。

 

前に書いた『ゴブリンスレイヤー』のときと重なるんですけど、『異種族レビュアーズ』を見るとそれを思い出すんですよね。露悪的で反社会的なアニメを観たいとしても別にNetflixに入る必要もないし、普通にテレビやネットでやっている。

そもそもの露悪も反社会性を求めずに見るとしても、UHFアニメNetflixでは全然違うラインで作られているのが見えます。

へんな例えですが『全裸監督』*1みたいなことをアニメでもやろうとするのが(海外のアニメも含めた意味の)Netflixのアニメですけど、UHFアニメ好きの人にとってすこしチェックはしても、じっくり観る意味ではあんまり求めてないと思うんですよ。

『異種族レビュアーズ』は性風俗をパロディにして刺激をだしてますが、実態は旧来これだけセックスを物みたいに扱うなよと言われるような時代に、おっさんたちが風俗を通して仲良くするみたいなホモソーシャルとか、タイトル通り値踏みするみたいなことを何の批判もなくやっている世界なわけです。

原作の天原さんも『貞操逆転世界』とか書いてますけど、現実はとっくに女の子だってここで描かれてる姿や意識はあるけど表立って言わないだけですって。つまりは旧型の視点ベースをまったく崩せず、いま変わりつつある視点のことなんて全然わかんない踏み込みでしか書けない人です。

Netflixには英語圏のものまで含めて観れば、エロと暴力の露悪的なB級のアニメとかやるわけですけど、旧型の社会の視点は無くなってるんですよ。同じようなことしてても。そしてそれは、宇崎ちゃん問題を提起した弁護士をなんとか論破しようとする人たちがなにより嫌いな視点ではないでしょうか。

かくして、日本におけるNetflixオリジナルアニメは当の日本からすれば古いB級の露悪さエロの感覚で作られた、ぬるい作品になりがちであり、サンリオの『アグレッシブ烈子』が最もNetflixのコンセプトに適応した日本のアニメである、という状況ではないかと思います。

まだまだ目に見えた日本アニメの救済は難しいな、という話ですね。観たアニメは忘れましょう。でも培った技術とモードはそのままに、次回にお会いしましょう。

 

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

 

 

 

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

  • 作者:パティ・マッコード
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/08/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

*1:『全裸監督』はすでに多くの批判も集まっており、その多くに旧来の価値みたいな問題を指摘しているため、現在の価値を推すNetflix全体としてはやや踏み込みが浅い、というのも否定はしない