17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

葛西祝によるアニメーションについてのテキスト

【これアニメ化しないんだ?】木嶋佳苗や宅間守と結婚する心理の漫画『夏目アラタの結婚』

楽天ブックス: 夏目アラタの結婚(7) - 乃木坂 太郎 - 9784098612383 : 本

【「これアニメ化しないんだ?」とは80年代や90年代の作品がアニメ化され続けるもどかしさに対する、ささやかな抵抗のシリーズです】

ニュースで不気味な殺人事件を目にしたときの冷ややかな感覚は、誰でも身に覚えがあるでしょう。

ぞっとする感覚が深く刻まれるのは、なにも続報で犯人の背景が明らかになることだけじゃありません。特に「獄中結婚した」って続報は、楔のように不気味な感覚を刻みこみます*1

殺人を犯し、収監されているはずの彼らと結婚を選んだ人間がいる。私たちは残酷な事件を知ったとき「なんてひどい」って思うのと同時に、事件の不条理さを自分たちが生きている現実から遮断するはずです。犯人が刑務所に送り込まれ、日常から隔離されるのと同様に。

だけど結婚って選択は違いますよね。日常生活を送る誰かが、隔離された犯罪者と婚姻を結んだってニュースから、遮断したはずの不条理が隣り合わせにあることを突きつけられる。陰惨な殺人を犯した木嶋佳苗宅間守と誰かが結婚したという報道を通し、「なぜそんなことができるんだ?」と思い、理解できないものが自分たちの現実と地続きにあるのだと気づかされる。

『夏目アラタの結婚』(小学館ビックコミックスペリオール連載 公式サイト・第1話公開中)はまさしく犯罪者との結婚というストーリーを通して、観客を不条理と隣り合わせに引き込む漫画でしょう。

医龍』や『幽霊塔』の乃木坂太郎さんが描く本作は、諧謔的な描写やミステリーの進行、犯罪者のヒロインの描写などエンターテインメントの味付けを欠かしておりません。

リアルな獄中結婚を描く意図はないでしょう。ですが、読者を犯罪者という不条理に向かい合わせ「絶対に耐えられない」「いや、もしかしたら理解できるかも」という境界線の上に立たせようとしていることは、確かなのです。

*1:本テキストでは「収監されている人間同士の結婚」のケースは別にしております。ちょっと歯がゆいかもしれませんがご了承ください

続きを読む

【これアニメ化しないんだ?】 『ホムンクルス』『殺し屋1』の山本英夫と『覚悟のススメ』『シグルイ』の山口貴由作品

【「これアニメ化しないんだ?」とは80年代や90年代の作品がアニメ化され続けるもどかしさに対する、ささやかな抵抗のシリーズです】

社会の提示する価値観が、心や身体にフィットすることのない違和感。その前提から発生するグロテスクな暴力や自己破壊。自らの身体と精神が確かだと感じられない物語……。

ここのところ『殺し屋1』、『ホムンクルス』の山本英夫と『覚悟のススメ』、『シグルイ』の山口貴由たちの作品群ばかり読んでいます。

僕は好きな作品を読みながら、よくネットで批評も読むのですが、驚くのはふたりを比較した論考が見当たらないことでした。わずかに『殺し屋1』が『シグルイ』に影響している、という評が見られるくらいで、表立って言及されたものは見つかりません。

一見、ふたりが描くモチーフは “現代の暗部”に “特撮や時代劇、SF”と分かれ、作風は重なり合わないように思えます。ですが30年以上に及ぶ漫画家のキャリアで、描き続けている本質は近いのではないでしょうか?

いわゆる作家としての一貫性が近い。グロテスクな描写の奥で、社会と自己が折り合わない今日的な感覚を掘り下げている。一度はOVAWOWOWなどでアニメ化を実現している両者の共通点を振り返り、「いま、これアニメ化しないんだ?」と思うふたりの作品について語っていきましょう。

続きを読む

『シン・エヴァンゲリオン』自分語りも庵野監督語りもすべて排除し、アニメートのみに特化したレビュー【有料】

f:id:EAbase887:20210313045532p:plain

堂々の完結編。現在、鑑賞した方のテキストがネット上に膨大にあふれています。だけど自分のところは違う形でまとめました。

レビューらしく、アニメート一点のみで評価するテキストにしています。not for meでもfor meでもなく、エヴァシリーズにかこつけて書き手自身のことを書くこともなく、ましてや無粋な監督自身の成長だとか、監督の人間関係をキャラクターに当てはめて解釈するといったことは一切行っていません。批判点も肯定点もどっちも入っています。

過去のエヴァンゲリオンや監督に関連した記事

 


 

観ると気が遠くなるアニメ『天空侵犯』 。『MUSASHI -GUN道-』に近いNetflixオリジナルとはなんなのか……

 天空侵犯』アニメ化&2021年2月配信決定 白石晴香、青木志貴ら若手実力派が出演 /2020年10月27日 - アニメ - ニュース - クランクイン!

『天空侵犯』

NetflixオリジナルアニメとしてTwitterでプロモ広告を打つくらいだから、それなりに自信がある作品なのかな」そう思って観たものは虚無でした。

そこにあったのは絵の綺麗な『MUSASHI -GUN道-』でした。手描きと3Dが混ざることで奇妙な味わいとなった『エクスアーム』が話題になっていますが、本作の手触りはそれに匹敵するでしょう。しかし笑って観ていられるものでもなく、「Netflixオリジナルが日本アニメを救うとはなんだったのだろう」と気が遠くなってゆくのでした。

 

続きを読む

原恵一が萌えアニメの恐るべき才能を見せる『バースデー・ワンダーランド』

映画『バースデー・ワンダーランド』90秒予告【HD】 - YouTube

作家の失敗作を見る豊穣さ

『バースデー・ワンダーランド』はNetflixに来たのではじめて見たのですが、「原恵一であまり評されていない才能が炸裂している作品だ」とはっきり感じました。

すでに失敗作であることをわかったうえで観ることで、その才能が見やすかったといえます。これまでの原監督作品に期待していたものが、ここにはないことを知ったまま見ることで、むしろ別の可能性を発見できたといえます。

その才能とは、おそらく原監督自身が商業アニメで苦手だ、距離を撮りたいと思っていただろうものです。萌えアニメですよ。

本作は失敗作であるがゆえに、これまでの原監督作品で語られなかった可能性が見えます。「優れた作家が失敗作を作ってしまう」というのはよくあることで、そこから垣間見える裏の才能、可能性を観る喜びに満ちているといえるでしょう。「そうか、こんなに女性キャラクターを映すのが上手な人だったんだ」ということばかりをここでは思わせるのです。

続きを読む

『デカダンス』と『GREAT PRETENDER』テレビとNetflix、ふたつの領域で展開される「オリジナルの作画アニメ」とは

 

TVアニメ「デカダンス」ティザーPV - YouTube

UHFアニメ デカダンス 視聴フル

UHFアニメにおけるオリジナルアニメとは、いまどのような意味があるのでしょうか? 作画? 世界観? キャラクター展開? 監督の作家性?

いずれにせよ、ブシロードが絡むアニメーションみたいなビジネス上の戦略とは別の、商業アニメーションが持つ美的な価値を追いたいのだと思います。『幼女戦記』など高い品質のアニメーションを制作したNUTのオリジナル作品『デカダンス』は、まさしく作画と世界観を見せたいアニメなのでしょう。

続きを読む

『BNA』と『彼女、お借りします』/やはり身近に感じることでしか強く訴えかけられない

Netflixオリジナル

TVアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』第1弾PV - YouTube

BNA 視聴フル

トリガーと中嶋かずきさんがNetflixオリジナルとして公開した最新作『BNA』は、『プロメア』以降、過去の日本TVアニメやサブカルチャーのサンプリングで作る方向から一歩進んだところでできていると思います。

それよりも、アニメーションの方向が明らかに『ズートピア』以降にあわせたものを作ろうとしてますね。脚本のお話しちゃうとここの書き散らしのコンセプトとずれるんですが、中嶋かずきさんは『プロメア』からひき続き、いまのテーマである人種のマイノリティ・マジョリティのアナロジーとして物語を作っているのは明白でしょう。

続きを読む