読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

この世で笑いについて書かれたものほど無残なものは無い

2015年秋のモード(復活編)
Ads

不思議なソメラちゃん 視聴フル



 これまでいろいろなジャンルやらネタやらについて書き散らしてきたのですが、ただ一つ、このネタについてだけは書いたりすることは避けたいものがあります。それは書き散らしてしても面白さを補完してくれたり、面白さを解説してくれるものではなく、書けば書くほどにみるみるうちに面白くなくなると確信しているからです。

 

 それは笑いやらギャグやらについて書くことです。こればっかりはまじめに語れば語るほどその書き散らしがおもしろいものになるわけがなく、逆に悲惨で失笑しか買わないことは必至だからです。

 

 そりゃあ社会学者のオタクレビューだとか、「最低の漫画が最高のアニメ化になり最高の漫画が最低のアニメになる」とか言って漫画ブログ日本最高峰といって過言ではない漫棚通信さん呆れられる*1ようなゴミのようにひどいものはありますが、ぼくがおもうにこの地球上に存在しているありとあらゆる批評のなかで、お笑いライターだとかお笑いブロガーだとかが笑いについて書いたものほど世界のあらゆる悲惨を背負い込んだ文章はないと思っています。

 M-1とかTHE MANZAIとか誰が優勝するか…とか無駄に考えてるブログの絶命的なつまらなさや、お笑いライターとかいうラリー遠田の書籍のタイトルを見ただけで認識できるげんなりさなど、あの手の書き散らしが持つ虚しさ、どうしようもなさを観ると、「つまらないとはどういうことか」の全てがそこにある気すらします

 

 逆に笑いがよいのはそもそもの話、あらゆる批評なり書き散らし自体が虚無であり誰の足しにもなりはしないということ教えてくれることかもしれません。ほら、ちょっと笑いについて触れた一文のもったいぶった考察まがい、これだけでみるみるうちに書き散らしが面白くなくなっていくのを感じたでしょ?だから書いたらあかんのですよ。深刻で難解な映画について解き明かすような批評はいいけど、笑いについて書いたものが笑いを増やすなんてことまずないですからね。

 

 さてソメラちゃんですが、だめなときのホリケンを見てるときの面白さとだいたい同じです。(了)

  

人生なんて無意味だ

人生なんて無意味だ

 

 

*1:ひどい記事だったので荒れた反応がくるのはしょうがなかったが、これだけはキた