17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

絶対オタクにウケないポプテピピックたる「aiseki MOGOL GIRL」

 

aiseki MOGOL GIRL 視聴フル

 

ポプテピピック、放送が延期になったことによって(わざと?)むしろアニメ版の価値はあがってるんですけども、ひっそりと気付かれないところに今季では今季のポプテがやってます。「aiseki MOGOL GIRL」これはねーポプテピピックですよ。実質ポプテピピック嘘です。

続きを読む

全編が不気味の谷CG!ところがタツノコの昭和性にハマる謎の奇跡『Infini-T Force』

Infini-T Force 視聴フル

 

なんだこれは…あれだけ国内のCGアニメーションがリアル方面でもセルルックアニメ方面でも躍進してると思われたところにこれ。全編、不気味の谷。ところがこれが往年のタツノコヒーローと絡んだ瞬間、なぜなのか絶妙な化学反応が発生しています。

続きを読む

山本寛作品が凄いのはすべての作品が処女作だから

 Wake Up, Girls!新章 2017年TVアニメ放送

 

WUG 新章 視聴フル

「WUG」の続編が別の監督の手にわたってしまい、前作と実質的に別物になってしまいました。白いグラデーションのレイヤーをかけた画面、ダンスはセルルック3DCGと、一言で言えば「ラブライブ」化。これ、初代が必死で差別化しようと避けてたデザインですね。それより新章で軌道修正しようとキャラデザが行き過ぎた結果サガノヘルマーみたいになってて怖いですよ。作品外の乱闘含めるとWUG!新章、ほんとサガノヘルマー作品みたい。精神に来る。

しかしこんな山本寛監督にとって厳しいプロセスでも、逆に山本寛の持つほんとうの作家性を際立たせることになっているように思えます。山本寛作品でなによりも凄いことは、全ての作品が高校や大学に在学中の映研の学生の撮る処女作の映画の煌きを持っていることです。しかも皮肉なことに、常に大手商業アニメ業界と反発するゆえにその煌きが守られているのです。

続きを読む

アートアニメニュースサイト編集長がアニメ監督デビュー!「URAHARA」

f:id:EAbase887:20171006221721p:plain

URAHARA 視聴フル

アニメーションとは劇場版の長編やTVアニメだけではありません。アニメーションという表現を極限まで突き詰めた分野として、短編のアートアニメーションがあります。ですが、この二つの間はあまりにも隔たりがあります。けいおん!にハマって壁じゅうをあずにゃんのポスターで埋め尽くすファンが、同じようにドン・ハーツフェルト(現在非常に評価の高いアメリカ人作家)に熱狂している現実というのは想像しにくいです。こういうとき英語圏ではうまいこと区切りますよね。animationといえば全体のジャンルを意味してるけど、日本式のスタイルはANIMEて分けますから。

ところが、隔たった二つの境界線に立つような作品が現れました。しかもその監督を務めるのは、なんとアートアニメーションニュースサイトtampen.jpの編集長でもある、短編アニメーション作家である久保亜美香なのです。

続きを読む

恐ろしい再解釈となったアニメ版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』考察【有料】

f:id:EAbase887:20170823205444p:plain

 

君の名は。』につづく夏休みに見る青春アニメということで、大きなプロモーションが行われている『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。しかしその実体はというと、一言でいえば「これを青少年に、カップルに、一般にみせていいのだろうか」という、公の場では口に出せない内容となっているのです。

シャフトはじめ気鋭のスタッフは岩井俊二の原作をどう解釈したのか?そして謎めいたストーリーの解釈は?それぞれを含めた内容となっています。

⇒続きはこちらから。500円でよろしくお願いします。

note.mu

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

 

 

『ザ・リフレクション』と日本アニメとアメコミの現代解釈【有料】

f:id:EAbase887:20170820154313p:plain

スタン・リー原作による日本製アニメ『ザ・リフレクション』。最近放映されている中でも 際立って異なるアート・デザインを選択している作品ですが、本作においては特にそのデザインが重要だと見ています。それはアメコミの現代解釈的、というだけにとどまらず、もしかしたら日本アニメの現代解釈の可能性もあるかもしれません。

今回「現代解釈」って書いておりますが、果たしてアメコミや、国内商業アニメにおける現代解釈とはなんなのか?みたいのも込みで『ザ・リフレクション』を紐解いております。

今回はそんな内容となっています。価格は200円です。よろしくお願いいたします。

 

 

THE REFLECTION WAVE ONE - Original Sound Track(初回生産限定盤)(DVD付)

THE REFLECTION WAVE ONE - Original Sound Track(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

Free to play&view 基本無料が取り巻く環境とネットフリックス

 

バトルガールハイスクール 視聴15分

ネットフリックスが日本国内のアニメ事業に出資するニュースが話題になっています。さすがに制作現場に資金が流れてこない劣悪な商業アニメ業界の労働環境が何度も話題になり、著名なアニメ監督も「業界は長くはもたない」という発言をするくらい、ネガティブな事情が知れ渡っている中で今回のニュースは日本のアニメが変わると過大な解釈もあれば、いやいやあくまで配信事業というフォームで一定のコンテンツ追加であってだね…と冷静な解釈をとっている立場もあります。

 

ぼくはまだ判断はつかないのですが、少なくとも有料の映像配信サイトでは基本無料のものが原作となるアニメはおそらくはでてこないのではないか。無料のスマホゲーム、無料かつ無実績のなろう小説とか、「バトルガール・ハイスクール」はネットフリックスやhuluでは登場しないのではないかと思います。

続きを読む