17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

少子化問題はついにエロ漫画と恋愛漫画を結びつける悲惨な現実まで実現した

 

恋と嘘 1話 視聴19分 

 

 恋愛ドラマでは「身分や社会制度のなかで許されぬ恋愛」というのはありきたりでありながらも、目の離せない緊張感を孕んだ題材には違いありません。しかし…この作品は恋愛の壁になる、社会制度の設定に少子化をネタにしてるってんですからね。

少子化問題の解消のため、政府が遺伝子情報から男女が誰と結婚するか決められる社会で、その後生まれた子供の能力は高く日本は復興していくという設定。結婚相手が決められているゆえに、恋愛はされる。それから40年、日本はよくなっていく…って、素直に成長するなんてこの作品世界の日本政府、優秀過ぎ。国民、物分かりよすぎ。

 

続きを読む

萌えが生みだす裏の過剰さが怖い

 

 

セントールの悩み 視聴10分

 

 

昔の漫画やアニメを観ると「過剰だ…」と思うことはないでしょうか。梶原一騎作品の大リーグボール養成ギプスしかり、野球の試合で死者が出るまでの闘いになるアストロ球団しかり。泥臭くあがき、人格が変わってしまうまでやりあうそんな過剰さ。子供のころにみて怯え、中学高校でネタとして爆笑に転じ、社会人になってから裏にある悲哀に気付くあれですね。

 

時を過ぎ現代。時代は泥臭さを消した、アニメ基調のきれいなイラストレーションのような画風やシナリオが一般化します。1970年代のジャンプと今のジャンプを見比べればもうそんな過剰さとは縁を切っているのは一目でわかるでしょう。子供の頃から安心、中学高校でも安心。かと思いきや…現代ならではの過剰さが噴出しているのは、まさしく一見きれいなイラストレーション的な、アニメ基調の場からなのです。

続きを読む

高度に発達した科学と魔法と区別がつかなくなると普通に科学を捨てる

 

異世界はスマートフォンとともに 1話 視聴15分

異世界、すごいですね。孫正義社長の営業力はここまできたのかといいますか、どう考えても通信インフラが整っているとは想像し辛い中世ヨーロッパまがいの世界でちゃんと通話してたりする。 

続きを読む

萌えキャラの寒いお笑いを人類はどこまで許せるのか?

 

f:id:EAbase887:20170716014646p:plain

アホガール 視聴7分

 

ぼく個人は男女の性差や美醜の差から作品や発言に差をつけないようにすることに気を付けていますが、しかしそれでも「美醜が関係してこの表現が許されているな」と感じることはあります。そう、男女のアイドルや美形の俳優のやる寒いお笑い。アイドルだからこそゲタを履かせてもらっている。かわいいからこそ許されている。

しかしですね、現実のアイドルは本業別にあるからいいですけど(いいわけない)アニメの場合そうではないですからね。エヴァとかが公式でパロディ4コマみたいのをやるとかじゃなくて、オリジナルですからね。「お笑いが本業です」ってことですからね。 さあ「アホガール」のお笑いのネタをみてみましょう。無への旅路です。

続きを読む

アニメほど実質、学祭の演劇に等しいジャンルはない

 

アクションヒロイン チアフルーツ 視聴13分

電気グルーヴとかに憧れた実はセンスのないイタいひとのやる、学祭のコントをみたことはあるでしょうか。あのときぼくは空気が凍り付き、時間というものが永劫へと変わる瞬間をはじめて味わいました。

 

アクションヒロイン チアフルーツ』の冒頭の戦隊シリーズのパロディのクオリティ、まさに学祭コントのひとたちがやるような、あのぬるいレベルです。忘れていました。いま学芸会が最も受け入れられ、進化するジャンルが商業アニメであることを。ぼくはまた、時が別のものに変わる瞬間に立ち会ったのです。

続きを読む

『メアリと魔女の花』ジブリとポノックの、たったひとつの違い【有料】

f:id:EAbase887:20170710192312j:plain

ジブリの西村プロデューサーと米林監督によるスタジオポノックの第一回作品『メアリと魔女の花』。見た目こそ非常にジブリらしい。しかし、この作品はジブリとまったく異なることがひとつあります。それは何か?ということから、結果的に出来上がった作品はいま流行りのあれみたいだ…という雑感を込めつつ、最終的に国内商業アニメーションではあのクリエイターが実質的に誰も後継者がいないことが問題ではないか…というレビューです。

 

⇒続きはこちらから。価格は500円になります。

何重にもマウンティングする17歳のキキ

www.youtube.com

ついにひとつ現れました。実質ジブリマウンティングです。しかも複数の意味にまたがったやつですよ。

 

『君の名は』が過去のジブリ作品を上回る興行収入を得る大ヒットしたこと、これまでも企業が往年の名作をネタに作品世界を破壊するようなCMを製作すること(ハイジをこすりつづける家庭教師のトライとか。すべて最悪なのだが、特にトライ先生がハイジ世界に乱入させる時のCMでは一切として原作をリスペクトしてない広告屋のマウンティングが露骨に現れている。セル画デジタルのセル着彩まるわかりのデザインのうえに、原作が影無し単色なのに多段の影つけてで出してくるとかぜんぜん原作のアナログでのデザインに合わせる気がないのですごすぎるよ。)という複数の要因が重なってます。

魔女の宅急便の舞台、都内にするとかすごいですね。あれだけ地方の自然や街並みみたのを意識したジブリ版に対し、田舎は鬱屈としている場所で人工的な場所の方が美しくしっくりくるという新海誠の作風つかってくるとかいろいろ思うとこありますよ。このハイコントラストな画風、途中ぐらぐら揺れる手持ちカメラ風視点とかふくめると京アニまで含んでるのかよみたいな。

 

まじめにキキ17歳を作る、ジブリへの敬意あるスタンスだったらこうはならないですよ、日本の都市部が舞台になるとかないですよ。広告制作サイド、おそらく宮崎駿の後継者は誰かみたいなのが近年言われた中、一躍大ヒットを飛ばしたことでその席に考えられてる新海誠の作風をわざと使って過去のジブリ作品をマウントしてみるというずいぶんタチのわるいことしてますね。しかしイタズラの度が過ぎていると言いますか、新海誠の作風と宮崎駿の作風は何から何まで真逆。新海誠の作風で、しかも広告制作としてネタとして消費しようとして、ジブリ魔女の宅急便にマウントする破壊力の度ははずれているのです。細田守が異常なヒットを飛ばし、細田風味のCMがつくられるとしたらこうはならなかったでしょう。

近年は何故か清水崇による実写映画の公開とか、来月公開される『メアリと魔女の花』が明らかに意識したコピーがついているなど、なぞの魔女の宅急便包囲網が敷かれております。そんななか、宮崎駿は戻ってきます。観たアニメは忘れましょう。また来季にお会いしましょう。

 

 ↑魔女の宅急便の原作最新作。