読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

そういや去年あたりから「次はこのデザインが来る」って言ってたっけか「SHOW BY ROCK!!しょ~と」

Ads

f:id:EAbase887:20160705130240p:plain

SHOW BY ROCK!!しょ~と 視聴フル

 

またひとつ現れました。瞬間的に熱しすぐさまに忘れ去られ、次なる瞬間に繋げるための礎です。

 

去年あたりから思ってるのは「高度なアートとデザインの視座から、日本の特異なアニメ表現の各要素を再構築・再構成するアニメのデザインがそろそろ来るのでは・水面下でアニメをデザインする際の視座はもっとメタに、意外に批判的になっていってるところはあるのでは」ということです。

 

 で、WIT STUDIOの「ローリングガールズ」はまさにそんな作品ですげえことになってるなと感心してましたし、その後も「 たぶんそういう路線のデザインで一番ヒットしたのが「おそ松さん」ではないでしょうか?

 


 最近では「宇宙パトロールルル子」あたりが一番うまくやろうとしてたんじゃないでしょうか?

 


 「SHOW BY  ROCK!!」もそういうとこあったよなあと思いながら久々のショートアニメです。ひさびさにシアンちゃんらを観ながらいったいどういう層を相手してるんだろう…というのが一切謎になる、バンドネタ・アイドルネタ・萌え・腐女子・子供むけCGアニメーションというすべてが混然一体となり、こうなったのは世界企業サンリオによる戦略ゆえのデザインではないかとか妄想していたことを思い出します。

 

 「SHOW BY ROCK」はそんなぶっ壊れてローリングガールズになる直前のギリギリのところでふつうにかしこいかわいい路線でもたせていたことも思い出しました。ショートアニメ1話の萌えとエロ路線…これはまさにぎりぎりのところで客層を引き留めていることの証左なのです。

 

 まあなんといいますか、去年から今まで何か新しいものが出来るんじゃないのかと可能性を出していながらも、結局ぶっ壊れることに気付いて一歩下がるということを商業アニメは繰り返してる気もします。っていうか野心的なデザインを行ってきたスタジオほどほんと劇場版いっちゃったりするから、なんか今シーズンは残りかすだけではという気すらしてるんですがまあまだ観なければわかりません。観たアニメは忘れましょう。でも培った技術とモードはそのままに、次回にお会いしましょう。