読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

一部ラノベはこの日本が積み上げてきた知性や文明を灰にする象徴であるという思いを新たにさせられる「異能バトルは日常系の中で」

Ads

 

f:id:EAbase887:20140919170557j:plain

異能バトルは日常系の中で 製作:トリガー 視聴11分

 また一つ来ました。瞬間に熱しそして忘れ去られるため積み上げられ次の瞬間へ繋がれる礎です。

 

「キルラキル」のトリガー製作らしく、カット内での優れたオーソドックスで丁寧なアニメートが見ものです。このあたりは流石で、似たタイプのラノベアニメを製作しているスタジオと比べると技術が光ります。グダグダと世界観説明もせずにまず絵とテンポいい流れで進行するのもよいです。京アニのような高い技術力に基づいた、コンサバティブへの興味の無さというムードもまずないのもよいといえるのではないでしょうか?

 

 

 しかしそんな些細な技術褒めなんてどうでもいい…トリガーの主要な作品のデザイン能力と比較して、原作が根本的に内容もイラストレーターもいかに旧態のデザインに甘えたクソみたいなデザインかを改めて思い知らされます。

 

 原色髪色のキャラ分けやこの世のどのリアリティにも繋がらない制服、ゴミ屑みたいな中二病どうたらをネタにして面白いと思ってんのかというもののオンパレード。まだこんなものを引きずっているのか。これをキッチリ原作再現するよう丁寧に作ってるのはすげえなと思いましたよ。

 

  ワンシーズン内に大量に配置されるオタクコンサバティブにラノベ4コマどうたらみたいな、とくにラノベ界隈でも緩いだろうものが大量に映像化される。それは別にいいですが、比較的野心的なスタジオが市場の現実からどう見ても数世代前のカスみたいなラノベに合わせてる様は解せないところがあります。

 

   ぼくにはわからんですが、オタクコンサバティブともいえるラノベアニメですが当のBD,DVDも買い揃えるような主要な客層にしても、ラノベの中でも長文タイトルで中坊頃の自意識の痛さを撫でるような、本作みたいなくそみたいな傾向の乱発には食指は動かないんじゃと勝手に思ってますがどうでしょう。

 

   とくに売れ線メディアミックス線に入った類のラノベは内容もイラストのデザインも一瞬たりとも面白みがなく、 そこにはアニメートの鮮やかさもキャラデザの面白さもなに一つ生かせません。(ラノベっつうテキスト一枚絵のメディアを時間芸術のメディアに立ち上げる際のズレというものがあります。これは今シーズンのどこかで書くでしょうが)

 

 完全な空虚。ラノベも広く多用と聞きますが、ぼくはこの手のラノベのクリエイティビティはこの日本が積み上げてきた知性や文明というものを灰にしてしまう象徴だという思いを新たにするのでした…

 

観たアニメは忘れましょう。でも培った…培ったなに?なにがあの手の原作にはあるの?ねえ何があるの?次回にお会いしましょう。

 

 

うんこ!

うんこ!

 

 

 

ジグ うんこ入浴剤 2653

ジグ うんこ入浴剤 2653

 

 

 

東京うんこ [DVD]

東京うんこ [DVD]