17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

RAIL WARS! かなりデザイン水準はよい 本編がおもしろくないという問題を除けばとてもよい

Ads

RAIL WARS! 第一話 視聴10分 制作:パッショーネ

 

 現行のアニメデザインシーンはコンテンポラリーの京アニミニマリズムのシャフト、コンサバティブのA-1・JCスタッフらへんが注目であり、タツノコが湯浅や中村といったアヴァンギャルドの製作を行い、マッドハウスがデジタル幻想演出という感じと雑にとらえています。で、それ以外の製作のクリエイティビティはどんな感じなのか?

 

 

 パッショーネはちょいダサデザイン・巨乳描写ぎらぎらのコンサバティブにいながら、京アニの切り開いたコンテンポラリーに追従する画面構成を取っています。が、京アニのやってるドキュメンタリー的なスマホカメラ・ハンディカメラ越しのピンボケやクローズアップの時に一瞬ピントぼやける感じという、生の映像の感じのピンボケという現場感を抜きにしたままのため、なんか画面全体がボケてる!

 

 いろいろ甘いとこあるんですけどトータルデザインとしてはそんな悪くないです。普通に空間を生かす演出や追いかけるアクションも空気感を保ったままやれている。コンテンポラリー京アニ&コンサバティブA-1の推進する今のアニメで質の高い面を抑えていると思いますが、問題はこのアニメおもしろくないことです。

 

 制作会社的にはところどころ作物は育ちつつある一方、肝心のアニメ自体のは不作なのでしょうか?「思えば春は面白いの揃っていたな、ウィクロス、シドニア、河合荘、ピンポン、ラブライブ…」などと振り返るのはシーズンが終わって次のシーズンに入った際に誰でも思うことでしょうか?

 

 こういう感慨を持ち始めたということはぼくも少しはシーズンアニメウォッチャーらしくなったということでしょうか?観たアニメは忘れましょう。でも培った技術とモードはそのままに、次回にお会いしましょう。