17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

note公開レビュー

劇場版『若おかみは小学生!』と、現実との境目を象徴する場所を描くマッドハウス【有料】

(画像は公式サイトより)『若おかみは小学生!』(劇場版)は本当に高い評価を得てきました。ぼくが思うにこの作品の公開によって、ここ数年のマッドハウス系列の作品があるスタイルや効果を決定づけたのではないないかな、と思います。そんな総括する記事…

【有料】『宇宙よりも遠い場所』が『この世界の片隅に』『きみの声をとどけたい』と連鎖する、静かな新しいスタイル

宇宙よりも遠い場所 8話までフル 「高校生の女の子が南極を目指す」あらすじだけみればとても地味な内容だし、プロモーション画像を見たってけっして派手なイメージではない。ところが実際には今シーズンで飛びぬけて完成度が高い。基本のデザインからレイ…

男女ロボット搭乗をセックスに捉える先にあるもの『ダーリン・イン・フランキス』【有料】

これまでにロボットもの・特撮もので男女が共に乗り込むものや、男女が揃うことで巨人に変身するものが数多く放映されてきました。で、それらはもう一つ掘り下げるとやっぱりセクシャルな印象がありますよね。それらと比較すると『ダーリン・イン・フランキ…

日本アニメに12年以上の影響を与えた涼宮ハルヒ3つのエピソード【有料】

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 1-3話 視聴フル 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を見るにいよいよ京都アニメーションのここ12年で推し進めたことを一区切りつけたのではないか、と思いました。 思えば2006年の「涼宮ハルヒの憂鬱」から12年、あらた…

恐ろしい再解釈となったアニメ版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』考察【有料】

『君の名は。』につづく夏休みに見る青春アニメということで、大きなプロモーションが行われている『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。しかしその実体はというと、一言でいえば「これを青少年に、カップルに、一般にみせていいのだろうか」と…

『ザ・リフレクション』と日本アニメとアメコミの現代解釈【有料】

スタン・リー原作による日本製アニメ『ザ・リフレクション』。最近放映されている中でも 際立って異なるアート・デザインを選択している作品ですが、本作においては特にそのデザインが重要だと見ています。それはアメコミの現代解釈的、というだけにとどまら…

『メアリと魔女の花』ジブリとポノックの、たったひとつの違い【有料】

旧ジブリの西村プロデューサーと米林監督によるスタジオポノックの第一回作品『メアリと魔女の花』。見た目こそ非常にジブリらしい。しかし、この作品はジブリとまったく異なることがひとつあります。それは何か?ということから、結果的に出来上がった作品…

スタジオジブリあたりで定着した「劇場用ルール」を軽々しくぶち壊す『夜明け告げるルーのうた』【有料】

さて今年の話題作『夜明け告げるルーのうた』のレビューです。数多くの作家性あふれる監督が全国公開の劇場版で本来の作家性が封印されがちなケースの中、特に湯浅作品の中でもちょっとウェルメイドすぎないか…?という危惧があるなか、ぜんぜんぶれていない…