読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

ガッチャマンクラウズインサイトは5分アニメでまとめたほうが出来が良くなる

ガッチャマンクラウズインサイト #12 視聴フル 前回でクソのような終わり方を予想してたせいか、最悪な脚本部分さえ目をつぶればラストまでゾッとするカットがいくつか拝見されたのでこれはよかったのかもしれません。でも結局その優れたカットの部分、アニ…

ガッチャマンクラウズインサイト #11 ええ?真相をべらべらしゃべるって何だよ

映像やコンセプトに関してはもう評価は終わってんですが、テキスト的には「ウォッチメン」以降のアメコミのモダンエイジをながめるみたいな見方に最終的に集約したほうが収まりいい気します。最終的に日本の世相ってのはどうでもよくて、つばさちゃん覚醒か…

テーマを口に出し細やかに説明した瞬間、緊張感ある空気は消えゆく ガッチャマンクラウズインサイト #10

作品にこと細やかに説明すればするほど多様な解釈が可能な自由がなくなっていきます。ある意味では「パトレイバー2」で戒厳令が発動し、日常風景に戦争の影が忍び寄る以来の歪んでいく日常のアニメートに魅力がありました。 くうさまの正体で「この国の空気…

五輪エンブレム問題の世論とシンクロする嫌すぎるアニメ

今回はちょっとした総集編といいますか、しょうもない話に繋げます。 7月4日から放映されているとあるアニメがあるんですが、(UHFアニメ系では)現実のメディアとそれに関わる世論をネタにするのはコンセプチュアルだねデザインに気を使っているねと思って…

ガッチャマンクラウズインサイト #08 くうさまのトリコロールカラー

鈴木rhythm収監後の#05以降は状況や日常が徐々に変貌していく様が主体になっている。 登場人物ひとりひとりの物語を追うものじゃないからかなりダルいのは否定できないのだが、たたでさえフラットなタッチの立川の都市風景にばら撒かれるトリコロールカラ…

ガッチャマンクラウズインサイト #07 オン眉は前髪ばっさばさばかりのアニメヘアスタイルをアゲンストしててよい脚本問題

脚本超テンポ早いとか褒めといて一転、序から破に移る手前のダルな展開です。状況も進まんし各キャラクターにもスポット当たらねえ。カッツェの「ゲルサドラ相手には自分も逃げ出した」は2話くらいの時点で言っとけ!キャラを立たせるのには人の評価や評判を…

ガッチャマンクラウズインサイト #06

ウッチャンのコント宇宙人総理アニメ版に突入した#06。コント感カリカチュア感が走ってます。けっこうまじになって「この世界には政党がないのが違和感で~」とか言っちゃってるひともいるようですがコントや風刺画に対してリアリティがない!って言って…

ガッチャマンクラウズインサイト #05 重要シークエンス1話で終わってるよ!

キャラクター相関図がぐっちゃぐちゃのまま展開がめっちゃ早いのがよいです。そうだよね…もう10-12話しか時間ないもんね…半分折り返しでこの展開は非常にいいんじゃないでしょうか。あんま脚本に言及してこなかったが、今シーズン他の作品はどうなんでし…

ガッチャマンクラウズ インサイト #04 内村光良「LIFE!」のコントを真顔でやっちゃってどうすんの

ガッチャマンクラウズ インサイト #04 視聴はした アランムーアの「ウォッチメン」とかクリストファーノーランの「バットマン」みたいな切り口だよねと言えばおそらく最大級の賛辞になるとおもうんだけど、アクションシーンが明らかにコンセプトやSNSやTV…

「バケモノの子」がいかに細田守最高傑作で2015年屈指のトホホ作であるか

バケモノの子 視聴いちおうフル また一つ現れました。瞬間的に熱しすぐさまに忘れ去られ、次の瞬間に繋げるための礎です。 宮崎駿の後を継ぐ監督であるとか、または押井守とその名前までダブるみたいに日本商業アニメーションの代表監督だった2人の意味を継…

ガッチャマンクラウズ インサイト#03 新主人公がアニメートを引っ張るのでした

はじめちゃんがキチガイであったり、宇宙人襲来も対して話題にならずいきなりミヤネ屋に出ていることに誰もつっこまない世界。それよりもソーシャルネットワークから来襲する脅威クラウズの方に世間が真剣になってるというあたりが可笑しい。 キッチュなUHF…

フラットデザイン&ソーシャルメディア ガッチャマンクラウズ インサイト#02

ガッチャマンクラウズ インサイト #02 視聴フル ガッチャマンクラウズで最大の面白さがあるのは、UHFアニメ特有のキッチュさの中に現在大変流行しているフラットデザインのロジックが混ざりこんでいる点だ。

生きている意味を考え直しかねない時そして空間「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 視聴 わからない… 製作 わからない… またひとつ…またひとつなんだっけ?もうどうでもいいじゃないか。ほらあれだよ、「クラウズインサイト一発掛けとかいってじつは今後#2、#3とエントリの中にひっそり見たネタ混ぜ…

ガッチャマンクラウズ インサイト #1 のんのんびよりとかを殺しにかかっててよい わけがない

ガッチャマンクラウズ インサイト #1 冒頭の「主人公キャラが朝、目を覚ます」シーン。これは多くのアニメが行っているらしいありがちなシークエンス。そしてありがちなアニメみたいな画面作りで薄いグラデーションのかかった画面、部屋の中での独り言。あ…

2015年夏のモードうわあなんだこれ…もう今回は方針変更して一発賭けで

90年代に人気のあったタイトルのアニメ化にみる勝ちにいく身の振り、急速に取り上げられる日本の商業アニメ業界の構造的問題が取り沙汰されたりするなどが話題になる昨今… そんな中に現れた夏のタイトル…ざっと眺めるに、もはや観る気なくしまくりなのであ…