17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード

今季のアニメーションの1話だけを観て今のモード(形態の流行)を全て決める最悪のアニメレビュー

2016-01-24から1日間の記事一覧

「亜人」感想 ”セルルックの違和感が売り”と”もしかしてヘタかも”は紙一重

亜人 視聴トレーラーとCMのみ またひとつ現れました。瞬間的に熱しすぐさまに忘れ去られ、次なる瞬間に繋げるための礎です。 商業アニメーションではセルルック3DCGスタジオでは「ブブキ・ブランキ」のサンジゲンと並んでポリゴンピクチュアズが台頭してい…